ナチュ*ログ ~いいこと見つけた~ 

ちいさなHappyを見つけよう。~*幸せはいつも側にある*~
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ アルフォンス・ミュシャ展TOP美術館 ≫ アルフォンス・ミュシャ展

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

アルフォンス・ミュシャ展

2006写真 798
行きたい行きたい~と思ってた
「アルフォンス・ミュシャ展」へ
開催ギリギリでやっと行ってきました^^



アルフォンス・ミュシャ
1860年に現在のチェコに南モラヴィア地方に生まれる。
パリで大女優サラ・ベルナールのポスターを始め
数々のポスターを手がけ、時代の寵児となる。




前に行ったロートレック展で
初めてミュシャの絵に出会ったんだけど
その時はロートレックにグッと引き込まれてたんで
正直そんなに「好き~♪」とは思わなくて。



それが、北九州美術館でミュシャ展があるって知って
な~んか無性に気になったんだよね。
心に残ってたんだなぁ。きっと。



2006写真 800
今回展示されてた作品の中で一番惹かれたのが真ん中の絵。
これが大女優サラ・ベルナールです。



めっちゃ美人って訳じゃないんだけど
なんかチャーミング^^
この表情と何よりこの色使いにグッときました♪



ミュシャの使う“赤”ってね
鮮明じゃなくて、夕焼け色の“赤”に見えた。
そこに惹かれたんだよね。




もしかして・・・ただ年月によって風化して
色褪せただけかもしれないけど^^;
まぁ、そこは全くの素人だから。。。
難しいことは何にもワカランチン。
好きか嫌いかだけで見てますぅ♪



女性を囲む花と曲線。
ミュシャの特徴です。
描かれる女性は美女だとは限らないけど
その人間らしい表情がとっても美しいのです^^



スポンサーサイト

Comment

編集
絵には興味がないし、さっぱりわからないので、なんなんですが~^^;

うん、ナチュ☆さんが言うように、私もなんとなく色合いがいいと思うわv-238
はっきりした原色使いのものより、壁に飾ってもさりげなくて飽きなくて、いい感じだよね。

夕焼けの色、ってぴったりだわ。
たそがれて、ぼ~~~~っと見てられる感じ?
最近ないな・・・夕焼けを見ることも^^;

2010年08月26日(Thu) 23:05
編集
あはは。。わからんちんな女がここにもおるど~!!(笑)

あたしの絵にも惹かれるモンあるで~
見てみる?ぷぷっ(爆)
2010年08月27日(Fri) 11:52
編集
あたしも 詳しい事はわからん.....ちん(笑)

でも絵に惹かれる気持ちはわかる~^^
あたしも好きやから

色んな癒しを見つけて楽しんでね♪
2010年08月27日(Fri) 22:18
編集
あきさんへ

難しいことや専門的なことなんてわからんけど^^;
感覚で好きだと思うモノを見てるだけ♪

今まで美術館なんて縁のない場所だったから
こうして少しずつ行くようになって初めて
美術館に来てる人の多さにビックリよ。
中には小さな子供連れの人もいたりして。
あんな頃から本物の芸術に触れさせてたら
普通より感性が磨かれるんだろうな~って感心するのよね。

ワタシも原色よりは哀愁のある色使いが好き♪
2010年08月28日(Sat) 00:17
編集
あーちゃんへ

ワタシの絵心も結構スゴイよ。
ぷっスマの草薙画伯もビックリ(*^m^*)
昔っから全く才能なし!
ササッと絵が書ける人って尊敬するわ~♪
ワタシはそうね・・・チューリップくらいならなんとか^^
2010年08月28日(Sat) 00:19
編集
きこりんさんへ

つい2・3年前まで
ホントに全く興味なかったんだけどね^^;

こういうのも“癖”になるのかな。
行き出すと結構次が楽しみにるよ^^

死に物狂いで癒しを探る毎日だわ~><
2010年08月28日(Sat) 00:22
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年09月06日(Mon) 02:15












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。