FC2ブログ

ナチュ*ログ ~いいこと見つけた~ 

ちいさなHappyを見つけよう。~*幸せはいつも側にある*~
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ああ息子
CATEGORY ≫ ああ息子

置き手紙

2008ブログ 121
毎月1日は息子のお小遣い日。前日の夜、ワタシがお風呂から上がるとテーブルの上に何やらメモが。すでにコンタクトを外していたワタシはすぐにはピンと来ず、「ンンン~?ナンジャ?」と覗き込むと・・・・・このメモですよ。何でもすぐに忘れるワタシへのアピールなんだろうけど。
あっ!みなさ~ん!言っときますけどコレ、幼い頃に書いたメモじゃないですよ~。中学2年生、14歳現在の息子が書いたモノでございます。ちぃ~っとも漢字を使わないのよねぇ・・・・・うちの息子。こんなんで将来ちゃんと社会に出てやって行けるのか???かなり心配な母でございます。

Radio

2008ブログ 108
このラジオ、息子の手作りです。技術の授業で課題として与えられたモノ。手作りとは言ってもキットを組み立てて完成させるんですけどね。学校から帰ると真っ先に「ラジオ出来たよ!」と嬉しそうにカバンから取り出し、「すごくない?ね~すごくない?オレが作ったんよ♪」と連呼する息子にはそんな事は口が裂けても言ってはいけません。
もちろん「おおおー!すごいやん!上手に出来とるね~」と答えましたわ。でもこのラジオ、ホントに結構スゴイんです。ラジオとしての機能はもちろん、コード(とは言わない?)を繋ぐとI-podなどの音楽機器を再生出来るし、ライトも付いてる。そして何と言っても、取っ手の下に付いてる黒いハンドルを回すと充電できて、電池無しでも多分1~2時間は使えるんです!これスゴイでしょ?!
「電池がいらんのよ!貧乏なうちにはピッタリよね~♪ヒャヒャヒャ~♪」と高らかに笑う息子。「ほんとやね~♪でかした!」と返す母。やっぱ子供は“褒めて育てる”です♪がんばろっ。

バカタレッ!!!

2008ブログ 101
息子の抜け殻。いつもこんな感じ。


朝の「行ってらっしゃい」と帰った時の「おかえり」は笑顔で・・・と心掛けております。この日もその心掛け通り「おかえり~♪」と笑顔でお出迎え。・・・・・とここまでは良かったんですが・・・・・息子のひと言がまたまた我が家を嵐へと変えたのです。








「あのさぁ、制服がなくなったんよ~。ってゆうか、盗られたかも。」




この「盗られたかも」って言葉に一瞬≪いじめ・・・?≫と心配した母。でもすぐにその心配は消えました。





「ちゃんとバックに入れてずっと持っとったんやけど、気が付いたらなかった。んで、今までずっと探しよったけど、どこにも無かったんよ~。」


 


学校から一度帰って出掛けたのに、制服がバック?ずっと持ってた?事の成り行きと息子の言葉がち~っとも呑み込めない・・・よくよくよ~く聞いたら・・・

学校から一度帰り、友達が待っていたので大急ぎで、大急ぎで、急ぎに急いで・・・着替えの服を抱えて出掛け、外で着替えをし、脱いだ制服をバックに入れて持ち歩いていた。


ということらしい・・・が・・・・・・はぁ?はあぁぁぁ?????









このぉぉぉぉぉ・・・・・













バカタレがぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!







「そ~と~頑張って探したんやけ!」と開き直る息子。頑張って探したとか探してないとか、そう言う問題じゃないやろーーー!そもそも外に服を持って行って着替えるっちゅー事自体、全く意味がわからん!訳わからん!有り得んのじゃーーーーー!ゼイゼイゼイ






「明日もう一回探してみるけ。ほんとごめん。」





ごめんって言われても・・・このやり場のない怒りはどうすりゃいいのさ・・・ズボンなんて2学期に入って買い換えたばかりですよ。まったく!何でうちの息子はこうなのよ。次から次へと問題ばかり・・・ほんっとに頭が痛いんです。(翌日はチンチクリンになった制服を着て登校しました。チンチクリンでも何でもあったからいいようなものの・・・)





そして翌日。






「見つけたぜ~っ!」とご機嫌で帰ってきた息子。さすがにヤバイと思ったのでしょう。学校から帰ってから前日に自分が行った場所を思い出しながらあちこち探して回ったようです。見つけた時の様子を興奮して話してくれました。見つけた瞬間・・・









「うぉーーーーー!神様ぁ!ありがとーーーー!」







と叫んだらしいです。






ったくさ~。ほんとに・・・ほんっとに・・・ああ息子・・・







   

試験・・・

2008ブログ 093

いつも学校から帰って来ると・・・

   1.カバンを放り投げる
   2.トイレに駆け込む
   3・制服を脱ぎ散らかして着替える
   4.遊びに出掛ける(たまに玄関のドア全開)

この一連の動作にかかる時間は1~2分。 (気づいた時にはすでに居ないことも・・・)
そして毎日毎日毎日毎日夜の7時頃まで遊び呆けてご機嫌さんで帰ってくる息子。

昨日も当たり前のように、いつもと何ひとつ変わらず遊び呆けて7時前に帰って来ました。
ブログに夢中(旅のレポアップは大変なのよぉ♪)で、夕飯の用意もさっぱりしていなかったお気楽な母。今から用意するけ、待っとって~というワタシに衝撃的な息子の言葉が返ってきました!!!






    「じゃあ、そのあいだ、勉強しよくわ」






えっ??????なんですと?????今、うちの息子の口から「勉強」という言葉が出ましたか?出ましたよね?え~~~~~!あまりの不意打ちにワタシの口から思わず出たのは・・・







    「・・・具合・・・悪いん?」








そして、更に衝撃的なことを、息子は言いました。










     「はぁ?だって、明日から試験やもん」









はぁ?はぁ?はぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~?????
ワタシにカメハメハが使えたら、間違いなく吹き飛ばしてやったでしょう。
しかも・・・部屋に行って3分後・・・





「かぁ~さん!すごい事が判明したよ!ワーク(ドリルみたいなの)しよったんやけど、よく見たら一年生のやった。ヒャヒャヒャ~♪♪♪」(注:息子は中学2年生)

「しかもさぁ、他のは学校に置き勉しとうけ勉強できんや~ん。ヒャヒャヒャ~♪♪♪」





とっても楽しそうに語る息子に、母はかける言葉もありませんでしたわ。
あっ。画像は息子がクレーンゲームで取った犬デス。お土産~♪とご機嫌さんで持って帰って来ましたの。



「お父さん(ソフトバンクのね)みたいやろ~♪そ~と~可愛いやん♪ヒャヒャヒャ~♪」



ほんとにほんっとに・・・・・ああ・・・・・息子・・・・・


       

イメージチェンジ

2008ブログ 091
先週の金曜日。4年・・・いや、5年振りくらいに髪を切りました。別に理由はありませんよ。ただ、気分転換かな~。長さで言うと20cmくらい切ったでしょうか。“気分転換”ですから、美容室も全然行ったことのない新しいお店を新規開拓。「こんな感じにしてください!」とオーダーしました。結果・・・思ってたのとはちょっと違いましたが、まぁね、モデルさんとは顔形も、髪質も、年齢も(コレ、一番大きい?!)違うんだから全く同じようになる訳がないのです。もう切ってしまったものはしょーがない!そのうち見慣れるでしょ。今日が髪を切って初めての出勤だったんですが、これだけ切ったらさすがに回りも気づくから、あちこちで「おー!」とか「あー!」とか驚かれたり、冷静に「切りました?」って聞かれたり、フフフッと無言で微笑まれたり・・・反応は様々でしたが、とりあえず初日は終了。何か居心地悪いんですよね~。髪型を変えた初日の職場って。ふぅ~~~。
そうそう!これだけ切ったのにうちの息子、全然気づかないんですけど・・・

母  「ね~ね~、何か気づかん?」
息子 「はぁ?・・・あ~、服買ったんやろ」
母  「服やら買ってません!去年から着てますぅ!」
息子 「はぁ?もうそんなん知らんっちゃ」
母  「え~?ホントに気づかんのぉ?」
息子 「あ~もう!知らんっちゃ~」
母  「こんだけ髪が短くなったのにホントにわからんのー?!信じられん!」
息子 「あ~ね。切ったん?」
母  「あんた!彼女が出来た時、そんだけ鈍かったら嫌われるけんねぇ」
息子 「ヒャヒャヒャ♪」

もー!ホント信じられません。そりゃあね。母親のことなんか細かく見てる方がどうかと思いますよ。思いますが、今回ほどイメージチェンジしたら気づきませんかね???息子さん。